ひまわりガス
ガスのご利用ガイド

  1. HOME
  2. 個人のお客様
  3. ひまわりガス
  4. ガスのご利用ガイド
  5. CO中毒に注意

ひまわりガス

CO中毒に注意

煙突(排気筒)のある燃焼器具を屋内でご使用の場合

  • アパート・マンション等機密性の高い住宅では、大型湯沸器や風呂釜を使いながら、換気扇を回さないでください。
  • 室内に排ガスが逆流して、CO(一酸化炭素)中毒を起こすことがあります。
  • 吸気口はあいていますか?
    吸気口があいていないと、空気が不足して、CO(一酸化炭素)中毒事故の起きる可能性があります。
  • 燃焼器具を使っていて、頭痛・吐き気を感じたことはありませんか。
    使用を中止して、窓を開け換気してください。直ちに最寄りの店舗までご連絡ください。
  • しばらく使っていない排気筒に鳥が巣を作っていませんか。
    巣が排気を妨げてしまい、不完全燃焼を起こすことがあります。
  • 排気筒が壊れていたり、物などで塞がれていませんか。
    台風などで排気筒が壊れた場合には直ちに最寄りの店舗までご連絡ください。
  • 排気筒が物などで塞がれてしまうと、排気を妨げ不完全燃焼を起こすことがあります。 こまめに整理をしてください。

煙突(排気筒)のない小型湯沸器をご使用の場合

  • 小型湯沸器を使用するときは、必ず忘れずに換気をお願いします。
    小型湯沸器はガスコンロの3~4倍のガスを消費するので、たくさんの空気を必要とします。
  • 小型湯沸器から直接お風呂への給湯やシャワーとして使用しないでください。
    小型湯沸器は長時間使用すると大変危険です。食器洗いなど台所専用として使用してください。
  • ときどき排気部の点検をお願いします。
    排気部がホコリや油で目詰まりすると、不完全燃焼を起こすことがあります。最寄りの店舗までご連絡ください。点検にお伺いします。

安全・安心のために、ぜひおすすめします

  • 不完全燃焼防止機能付小型湯沸器
    換気不良などで不完全燃焼を起こす前に、自動的にガスを止めます。
    • 不完全燃焼防止装置
      不完全燃焼が起きる前に不完全燃焼防止装置が作動し運転を停止します
    • 再点火防止装置
      不完全燃焼防止装置が連続で3回作動すると、使用禁止状態になり使用できなくなります。
  • 屋外設置式ガス給湯器
    燃焼器具が屋外に設置されているため、室内の空気を汚しません。省エネタイプの高効率給湯器エコジョーズがおすすめです。
    どうしても屋外に設置できない場合は、強制給排気式(FF式)給湯器をおすすめします。
  • CO警報器
    万が一に備えCO警報器を設置してください。CO警報器を設置すると、排ガスの逆流や給気不足で発生したCOをキャッチし、ブザーでお知らせします。安全な燃焼器具に取り替えるまでの間、CO警報器の設置をおすすめします。

■ CO(一酸化炭素)の人体に及ぼす影響

LPガス自体毒性はありません。しかし、不完全燃焼を起こすとCOが発生します。COは極めて高い毒性を持っており、その物性は空気とほぼ同じ比重で、無色・無臭のためほとんど存在に気がつきません。わずかでも吸い込むと中毒を起こし、死につながります。
CO濃度 人体に及ぼす影響
0.01% 数時間の呼吸後でも目立った作用はない
0.02% 0.5時間後には軽度の頭痛を起こす
0.04~0.05% 1時間後に頭痛、吐き気、耳鳴りを起こす
0.08~0.10% 1~1.5時間後に意識を失う
0.15~0.20% 0.1~1時間で頭痛、吐き気が激しくなり意識を失う
0.40%以上 短時間でも吸引すれば生命が危険になる
※たとえ0.01%であっても幼児などの場合では、数時間でけいれんを起こす場合もあります。